分散プリント加工工程

印刷 [メディア(紙)への印刷]

インクジェットプリンタ

反応染料、酸性染料、分散染料に対応。小・中ロットに適しています。

グラビア印刷機

反応染料、酸性染料、分散染料に対応。大ロットに適しています。

グラビア印刷機の写真
STEP
1

熱転写 [従来の昇華熱転写加工法と同様]

昇華転写機

捺染用紙と生地を200℃~210℃で転写。転写速度40秒/m〜。

STEP
2

完成

GP&Pが開発した「転写捺染法」は、既存の昇華転写機を使用し、同様の工程で完成する分散加工。
昇華転写には不可能な、高堅牢度の分散染色を実現した、最新の特許取得の加工方法です。
ここまでの工程で分散加工が完成します。

STEP
3

昇華転写との比較

下表のように、転写捺染法(ペーパー捺染)においては、一般的な昇華転写と比較してすべての項目において堅牢度が上回っております。

染色堅牢度耐光洗濯摩擦昇華
転写捺染法(ペーパー捺染)4級以上4-5級5級4-5級5級
昇華転写3級3-4級3-4級3-4級2-3級
※一般財団法人ニッセンケン品質評価センター京都検査所調べ